店舗の集客率を上げたい!おすすめな宣伝方法についてご紹介

店舗の集客率を上げたい!おすすめな宣伝方法についてご紹介

店舗への集客のための宣伝広告はとにかくシンプルにわかりやすく

パソコンを操作する

自分が経営する店舗への集客を図るために宣伝広告を出す場合、その内容は極力シンプルでわかりやすいものにすることが大切です。しかし、実際にはシンプルとはかけ離れた宣伝を打ってしまいがちなのが実情で、なぜなら多くの経営者は自分の店舗に全面的な自信を持っているからです。たとえば飲食店の場合、味は勿論、量もスピードも優れていて、それでいて安いという広告を打つよりも、とにかく安い、という一点のみにフィーチャーした方が効果的な集客が見込める場合があります。というのも、経営者側からすればこの世にひとつだけの自分の店舗ですから、あらゆる面で他店に勝っていることをアピールしたいところなのですが、利用者側からすればごまんとある無数の選択肢のうちのひとつに過ぎません。そのどれもが自分の店舗こそが一番と謳った宣伝をしているわけですから、ありきたりな内容では目を引くことが出来ないのです。その点、アピールするポイントを特定の一点に限定すれば、まさしくその要素に重きを置く層のお客さんが興味を持ってくれることになります。入口部分としては一点のみのアピールポイントで売り出しても、それで集客が図れれば、実は他にも優れたポイントがいくつもあるというように、口コミが広がっていくこともあるでしょう。宣伝広告はシンプルにわかりやすく、売り出すポイントを絞ることが大切です。

ネット上の店舗への悪評を集客アップの機会に変えよう

インターネットやSNSが普及し、誰もが簡単に情報の発信者たり得る時代、店舗経営者としてはメリットもデメリットも被るようになりました。勿論、ネット上で自分の店舗の良さを皆が議論してくれれば、それは強力な集客効果をもたらします。しかし逆もまた然りで、ネット上で思わぬ悪評が立ってしまうこともあり得るのが今の時代です。経営者としてはなかなかにショックな出来事ですが、実はここにこそ集客アップのチャンスが隠れているのです。それは、ネット上での悪評に対して真摯に素早く対応してみせるという方法です。今の時代、人は簡単に他を批判しがちですが、実はたいした悪意はないものです。同時に、悪評を真摯に受け止めて素早く改善の姿勢を見せたような店舗に対しては、すぐに評価を裏返して、誠実で対応の良いお店だ、などと褒め称える声が上がることも少なくないことなのです。ネット上で悪評が立つと、どうしても腹が立ったり自信を失ったりしがちですが、それは対面でお客さんからクレームを受けることと本質的には変わりません。素早く改善策を見出し、批判されたことをバネにさらに良い店舗に成長していくだけの姿勢を見せつけることが出来れば、信頼される店舗としておおいに集客を伸ばしていくことも出来るでしょう。

定期的なイベントを実施して店舗への集客アップを図ろう

店舗経営者が集客アップのための方法を考える場合には、何よりも客としての目線を忘れないことが大切です。自分が一客として何かしらの店舗を訪れる場合というのは、どのような時でしょうか。食品スーパーや薬局など、もはや通うことがルーティンになっているお店もあれば、何らかのイベントやセールをやっているから訪れるという場合もあるでしょう。この、何か特別なことをやっているから行ってみようかという心理をうまく利用して、自分の店舗でも色々なイベントを打ち出していくと良いでしょう。イベントの内容そのものは、考え出せば無限にアイディアが出てくるものと思われます。特定のカテゴリの商品のセールを実施しても良いですし、ポイント倍増キャンペーンなどを打ち出すのもありです。そして、より効果的に長期的な集客アップを狙うなら、一過性のイベントではなく、日付などにちなんだ定期的なイベントとして世間に認知してもらうことが大切です。あのお店は毎週何曜日はイベントをやっている、毎月何日と何日は大安売りをしているということが一般に知られるようになると、その日はそのお店に行くということが人々の日常になります。一過性ではない恒常的な集客が見込まれるようになれば、経営はより盤石なものとなりますから、仕掛けるイベントにも法則性を持たせてうまく人々のルーティンに入り込むよう工夫を凝らしてみると良いでしょう。

そこで店舗の集客に困っているなら『エルシャーム』をご確認ください。店舗集客に必要な知識などが掲載されているので、確認することで集客アップにつながる方法がわかるかもしれません。また、オススメの方法なども記載されているので、ぜひチェックしてみてください。